top of page

PROFILE

​オサダ  ユウタ

​わたしのこと

YUTA  OSADA

Read more

はじめまして、オサダ ユウタ です。

オサダ商店 店主。

元・理学療法士の土壌育成家で畑の先生。

長野県千曲市で農家の長男として生まれる。

他業種へ就職した後に、様々な出会いや経験を経て「農」の大切さを感じるようになる。

現在はお米とりんごを中心に自家農法で栽培をしている。

ちなみに漢字では「長田」と書きます。

​なぜカタカナなのかは「ナガタ」と呼ばれることがあるから。

DSC00492_1_edited.jpg
gensan.jpg

畑仕事がライフワーク
たまに嫌なときだってある

オサダ家は代々農業に携わっています。

祖父と叔父がりんご栽培、両親が米を栽培しています。

 

幼いころから、畑と田んぼは僕にとって日常の一部。

イヤイヤながら家業を手伝うこともありました。

 

そんな農業一筋の家に生まれた僕は、あえて農家ではない道を進むことにします。理学療法を学び、理学療法士として働きはじめました。

​離れたからこそ気づけた、大切なこと

理学療法士として病院に勤務したことは、僕にある気づきをくれました。

なぜ、人は病気をするのか。

薬に頼らずに、良くなる方法はないのかと。

 

体調を崩す理由は様々あると思います。そのひとつに食も関わるのならば......病気になる以前、根本を変えることができるのかもしれない。

 

そこから僕は、理学療法士という肩書きを手放し、本格的に自然と向き合う道に戻りました。

acv.jpg
rain.jpg

きもちを持って、自然と生きる

農家として歩みだしてから数年が経ち、今では農業は生活の一部であり、ライフワークとなっています。

僕の農法はオサダ家のスタイル、つまりは「自家農法」で農作物を育ています。何より大切にしているのが、作物、虫、草、全ての自然の営みに参加している命を、人間と同じ対等の命として接する姿勢を大切にすること。

「農法」と言うと、やり方や方法などにフォーカスされますが

「その人が関わる姿勢が農法のベース」

そう僕は捉えています。なので、オサダ家ではこの心構えも含めての自家農法としています。

肥料は使わず、農薬も使用しません。畑の様子に合わせ耕さずに行うことや米ぬか、油かす、炭、灰などの自然の生み出した力を借りることもありますよ。

まずは土を元気にしたい。
それは土が「生きている」から。 

土に触れることは、様子を確認すること。

硬かったり、水っぽかったりと調子はさまざま。はじめて始める畑や、長年頑張ってきた土は弱っていることもあります。

農作物が育つために、土は大事なパートナー。

だから僕は土作りのサポートもしています。時には僕自身が現地へ足を運び、一緒に確認して再生方法をお伝えしています。

みなさんの農のある暮らしをより豊かにするお手伝いができたら​うれしい限りです。

DSC00464_edited.jpg
footer2.jpg

​お問い合わせ​

商品のこと、農業体験などのお問い合わせはこちらから

bottom of page